宮崎県日向市で栽培されるヘベスとヘベススカッシュ=小高朋子撮影
宮崎県日向市で栽培されるヘベスとヘベススカッシュ=小高朋子撮影

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

幻の果実へベスで感じる宮崎・日向「南国の夏と香り」

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

 さわやかな酸味と力強い香りに、ジューシーさが特徴の柑橘(かんきつ)類ヘベス。炭酸水にひと搾りして輪切りにした果実を浮かべれば、見た目にも涼しげな飲料の完成だ。苦みが少なくさっぱりしていて、夏の暑さで疲れた体を癒やしてくれる。8~10月に旬を迎える。

知名度が低かった地域の特産品

 ヘベスは、カボスやスダチと同じ香酸柑橘類である。果皮が薄くて種も少なく、果汁が豊富だ。焼き魚や刺し身に搾りかければ、香りが広がり、魚の生臭さも消してくれる。輪切りの果実を焼酎に合わせるのも最高だ。あらごしすれば粒の食感も楽しめる。

 ヘベスは漢字で「平兵衛酢」と書く。江戸時代末期、現在の宮崎県日向市で、長曽我部平兵衛という人物が山…

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2255文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
荒野の中の一軒宿でもてなしてくれた夫婦。彼らはアフリカーナー(オランダ系白人)だった(写真は筆者撮影)

南アに囲まれた「レソト王国」入国直前まさかの撤退

 ◇南アフリカ編(6) 南アフリカに囲まれた小さな王国レソトに最も近い田舎町レディブランドまで、700キロ近くを1日で走ってきた筆…