青春小説の系譜

40代を迎えた団塊ジュニア“1995年の青春”の輝き

鶴谷真・毎日新聞学芸部記者
  • 文字
  • 印刷
マイクロソフトのウィンドウズ95日本語版が発売され、PC時代が幕を開けた=1995年11月23日
マイクロソフトのウィンドウズ95日本語版が発売され、PC時代が幕を開けた=1995年11月23日

 この夏の初めに刊行された恋愛小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」(新潮社)が、売れに売れている。ある男が、青春時代だった20年近く前に付き合っていた女性との日々を回想する姿を、切々と描く。

 著者の「燃え殻」さんは1973年生まれ、横浜市出身。テレビ番組のフリップやセットを手がける美術制作会社で働いている。いわゆる文学青年ではなかったが、中島らも(1952~2004年)の作品は全部読んできたという。ウェブサイト「cakes(ケイクス)」で2016年2月~8月に連載して話題となり、大幅な加除訂正を施して本になった。

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2438文字)

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。