ニッポン金融ウラの裏

保険商品に組み込まれた“時間差手数料“は法律違反?

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 生命保険会社が、保険商品の一部に組み込んだある仕組みが、消費者保護の観点から問題視され始めている。変額保険など、市場金利の動きによって解約返戻金が増えたり減ったりするタイプの保険商品をめぐる問題である。

 金融界ではこのところ、保険商品の販売手数料の水準が適正かどうかが大きな話題になってきた。それは、貯蓄性商品の一部について、支店窓口で販売される際に銀行が受け取る販売手数料が極めて高く設定されているケースがあったからだ。

 金融庁がこれを問題視した結果、購入者にはわからなかった販売手数料が開示される方向となった。ところが…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1483文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。