くらしマンション・住宅最前線

値崩れしない「都心1LDK」ブームが今年来る理由

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

買って得する都心の1LDK(1)

 7月26日、私は新著「買って得する都心の1LDK」(毎日新聞出版、1620円)を出版する。東京や大阪で賃貸暮らしをしているシングルにぜひ知っておいてもらいたいことがあり、春以降、精力的に書き下ろした1冊である。

都心1LDKに住むなら賃貸より購入検討を

 私は30年以上住宅の取材を続けてきた。その間に「今の狙い目」が見えたことがいく度もある。2000年から01年にかけての東京都心の再開発超高層マンションを推し、03年ごろには、マンションが増え始めた豊洲が狙い目だ、と評論した。当時の豊洲は3500万円前後で購入できる3LDKがあった。

 08年には世田谷の二子玉川ライズ タワー&レジデンス、11年には目黒区大橋の首都高速道路大橋ジャン…

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2721文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。