経済プレミアインタビュー

日本のボーナス「10兆円減」景気が良くなるはずがない

編集部
  • 文字
  • 印刷
熊野英生さん
熊野英生さん

第一生命経済研究所の熊野英生氏に聞く

 企業業績は良いにもかかわらず、社員のボーナスはあまり増えていない。どこに原因があるのか。第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生さんに聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部・平野純一】

 ──人手不足が言われるなど日本経済は多少なりとも良くなってきていますが、ボーナスは増えていないようです。

 ◆熊野英生さん ボーナスの年間支給額は2015年が64.8万円(国税庁「民間給与実態統計」)でした…

この記事は有料記事です。

残り1997文字(全文2212文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz