1粒1000円の新果実ブランド「楊貴妃ライチ」=小高朋子撮影
1粒1000円の新果実ブランド「楊貴妃ライチ」=小高朋子撮影

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

1粒1000円「楊貴妃ライチ」ブランド化へ宮崎の挑戦

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

宮崎・新富町「楊貴妃ライチの挑戦」(1)

 宮崎県中部の町に、1粒1000円の新果実ブランド「楊貴妃ライチ」が誕生しました。ゴルフボールほどの大きさの透き通った果肉と、弾力ある食感。酸味に続く苦みと芳醇(ほうじゅん)な香りは複雑で、忘れられない深い味わいです。ライターの小高朋子さんが、県中部の児湯郡新富町(人口約1万7000人)を訪ね、楊貴妃ライチブランド化と地域活性化の取り組みを取材しました。2回に分けてリポートします。

この記事は有料記事です。

残り2087文字(全文2299文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
船で渡ったデボンポートのビクトリアの丘からオークランド都心を遠望する。さわやかな秋晴れ(写真は筆者撮影)

オークランドで考えたNZが“先進国”を維持する努力

 ◇ニュージーランド編(3) 11時間かけて列車で縦断してみたニュージーランド北島は、端から端まで羊と牛の自然放牧にささげ尽くした…

世界透視術

「文革世代」北京大学長の“漢字誤読と釈明”の波紋

 太ったブタより痩せたソクラテスになれ--1964年、東京大学の卒業式で当時の総長、大河内一男氏が学生たちに贈ったことばとして有名…

職場のトラブルどう防ぐ?

「有休は所長妻の機嫌次第?」ママパートが憂鬱なワケ

 A代さん(37)は1児の母で、半年ほど前から従業員7人の設計事務所でパートタイマーとして働いています。勤務は週4日で、午前10時…

知ってトクするモバイルライフ
夏モデル全11機種を発表したドコモ

ドコモ夏商戦 ファーウェイ10万円高機能スマホに注目

 夏商戦に向け、ドコモが新たなスマホを発表した。中でも注目を集めたのが、約5年ぶりの採用になる、中国・ファーウェイ製の「P20プロ…

メディア万華鏡
TOKIOの(右から)松岡昌宏さん、城島茂さん、国分太一さん、長瀬智也さん=5月2日、丸山博撮影

TOKIO「4人の謝罪」と麻生氏の“妄言たれ流し”

 なんで会見するの? 「TOKIO」の山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検・起訴猶予処分になった問題で、リーダー…