思いを伝える技術

どこまでも思考を不自由にする「紋切り型言葉」の罪

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 プロ野球や高校野球の結果がスポーツニュースで伝えられるとき、「終わってみれば」というフレーズをよく聞きます。「中盤以降乱打戦になりましたが、終わってみれば○○が10‐8で打ち勝ちました」といった言い方です。

 途中がどんなだろうが試合の結果なので、「終わってみれば」にとくだん意味はありません。もっと試合内容を反映した言い方がありそうなものですが、結末を報告するにあたって便利なフレーズなので多用されるのでしょう。

 こうしたよく使われる言い回しは、「常套(じょうとう)句」と言われますが、型にはまっていて新鮮味がないという意味では、「紋切り型」とも言われます。「まさにいまが正念場です」とか「結果が待たれます」「成り行きが注目されます」といった言葉も紋切り型の代表例です。

この記事は有料記事です。

残り1689文字(全文2025文字)

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。