「にんにく入りロースカツ」(980円税別、以下同)。とんかつ店からスタートしたお店ならではの、こだわりの一品
「にんにく入りロースカツ」(980円税別、以下同)。とんかつ店からスタートしたお店ならではの、こだわりの一品

くらしこの酒場この一品

とんかつも串揚げも刺し身もうまい絶品!居酒屋

印束義則 / ライター

さいたま市北区「串揚げ・居酒屋 光助」

 昼は食事客、夜は飲酒客を取り込んで営業する「二毛作タイプ」のお店で飲む酒には、居酒屋で飲むのとはひと味違った独特の味わいがある。昼は定食の主菜だった料理が、夜は酒のつまみとなり、さらに脇を固めるちょっとしたつまみも加わる。そんな、専門店の品ぞろえのメニューで飲む酒は格別だ。

 さいたま・宮原の「串揚げ・居酒屋 光助」(埼玉県さいたま市北区宮原町、JR高崎線宮原駅徒歩1分)は…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1605文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。