書斎で作品の構想を練る山崎豊子さん=堺市で2012年4月20日、竹内紀臣撮影
書斎で作品の構想を練る山崎豊子さん=堺市で2012年4月20日、竹内紀臣撮影

社会・カルチャーベストセラーを歩く

国民作家・山崎豊子が描いた「大義に殉じた男」の奥底

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 山崎豊子はきわめて魅力的な小説家だ。司馬遼太郎と並ぶ国民作家といってもいいだろう。

 国民作家とは、国民に広く愛されながら、民族の運命を描いた作家のことだ。山崎作品は刊行されるたびに多くの読者に迎えられ、繰り返し映像化されてきた。何千万人という日本人が山崎の物語に親しんできたことになる。

 その魅力の中心にあるのは、「剛腕のリアリズム」とでも呼びたい筆致だ。なじみやすいのに密度のある文章で、私たちを社会的広がりのある物語世界に連れていってくれる。

 そこであらわにされるのは、人間という動物の裸の姿だ。企業経営者、高級官僚、大学教授、元軍人、サラリ…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1773文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

世界透視術

「文革世代」北京大学長の“漢字誤読と釈明”の波紋

 太ったブタより痩せたソクラテスになれ--1964年、東京大学の卒業式で当時の総長、大河内一男氏が学生たちに贈ったことばとして有名…

職場のトラブルどう防ぐ?

「有休は所長妻の機嫌次第?」ママパートが憂鬱なワケ

 A代さん(37)は1児の母で、半年ほど前から従業員7人の設計事務所でパートタイマーとして働いています。勤務は週4日で、午前10時…

知ってトクするモバイルライフ
夏モデル全11機種を発表したドコモ

ドコモ夏商戦 ファーウェイ10万円高機能スマホに注目

 夏商戦に向け、ドコモが新たなスマホを発表した。中でも注目を集めたのが、約5年ぶりの採用になる、中国・ファーウェイ製の「P20プロ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ウェリントンから北上9時間、ハミルトン駅に停車中のノーザン・エクスプローラー号(写真は筆者撮影)

NZ北島を観光特急で縦断 11時間の旅で見えたもの

 ◇ニュージーランド編(2) 隣国の豪州からでも飛行機で3時間半かかる、世界地図の南東に孤立した先進国・ニュージーランド。観光客も…

メディア万華鏡
TOKIOの(右から)松岡昌宏さん、城島茂さん、国分太一さん、長瀬智也さん=5月2日、丸山博撮影

TOKIO「4人の謝罪」と麻生氏の“妄言たれ流し”

 なんで会見するの? 「TOKIO」の山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検・起訴猶予処分になった問題で、リーダー…