経済プレミアインタビュー

「バス案内アプリ」で上場目指す女性起業家の半生

編集部
  • 文字
  • 印刷
鴫原育子社長と開発したバスロケーションシステム「見えバス」の画面=2017年7月28日、田中学撮影
鴫原育子社長と開発したバスロケーションシステム「見えバス」の画面=2017年7月28日、田中学撮影

起業家・鴫原育子さんに聞く

 鴫原(しぎはら)育子社長(58)は、2009年に株式会社マネジメントシステム(茨城県ひたちなか市)を設立した。2度目の起業で、連続起業家とも言える。同社で、路線バスの動きが一目でわかるスマホアプリの全国展開を目指す鴫原社長に、自身のキャリアについて聞いた。キャリア女性3人のインタビューシリーズの第1弾です。【経済プレミア編集部・田中学】

この記事は有料記事です。

残り2447文字(全文2630文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz