スキル・キャリアキャリアを築くヒント

平凡なIT企業営業マンが信金転職で大活躍したワケ

細川義洋 / ITコンサルタント

 あなたは、自身の長所や他人より優れたポイントなど仕事上の“自分の価値”を考えたことがありますか。自分の価値を知っていれば、意中の部署への異動希望や転職の際にしっかりとアピールできます。自分の望むキャリアをたどる一助にもなります。

 私が働いていたIT業界では、多くの人が転職を経験していました。私自身も同様で、転職だけでなくコンサルタントや裁判所のIT紛争調停員を務めたり、本の執筆や雑誌への寄稿などもしたりするようになりました。この連載では、私自身の体験や身近にいた同僚の経験などをもとに、キャリアを築くヒントを考えます。

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1741文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。