孔子は働く人の水先案内人

どんな状況でも首尾一貫 「一身一頭人間」の生き方

羽深成樹・前内閣府審議官
  • 文字
  • 印刷

 最近、官僚の「忖度(そんたく)」が話題になったが、上司にどう仕えるかは、サラリーマンなら一度は悩むところである。就職した時、先輩から「嫌な上司がきても、2~3年たてば、上司か自分かどちらかが異動するから、それまでの辛抱だ」と言われた。

 肌が合わない程度のことならガマンすればよいが、仕事の根本的な方針について、上司と意見が違う場合にどうするか。論語にいくつかのことばがある。口語訳で紹介していく。

 「主君に信用されて初めて意見を言うものだ。信用されていないのに意見を言うと、悪口を言っていると思わ…

この記事は有料記事です。

残り1374文字(全文1623文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

羽深成樹

前内閣府審議官

1958年千葉県生まれ。81年東大法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。大蔵省主計局主査、防衛省大臣官房審議官、首相秘書官、財務省主計局次長、内閣府政策統括官などを経て、内閣府審議官。2017年7月退任。著書に「論語と『やせ我慢』」(PHP研究所)。