ミスを見逃さない校閲の技術

校閲は「正しくて当たり前」の紙面を守る“ゴールキーパー”

毎日新聞校閲グループ
  • 文字
  • 印刷

 新聞記事に誤字や間違いが極めて少ないのは、原稿を書く記者とは別に、誤りを見つけて修正する校閲記者が目を光らせているからです。いつもは裏方に徹している毎日新聞の校閲記者たちが、プロの技と文章への思いのたけを本にしました。「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(毎日新聞出版)です。この本の一部を、ウェブ用に編集しなおして経済プレミアで週1回、連載します。まずは「はじめに」から……。

この記事は有料記事です。

残り1653文字(全文1851文字)

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞は東京に40人余り、大阪に30人余りの校閲記者がいる。原則として広告などを除く全紙面について記事のチェックをしており、いわば新聞の「品質管理部門」。書籍などと比べてかなり短時間で仕事をこなさなければならないのがつらいところ。朝刊の校閲作業は深夜になるため生活は「夜型」である。