戦国武将の危機管理

「本能寺後」家康の命を救った茶屋四郎次郎の“黄金”

小和田哲男・静岡大学名誉教授
  • 文字
  • 印刷

 家康の人生で一番の危難とされるのが「神君伊賀越えの危難」などといわれる逃避行であろう。天正10年(1582)6月2日の本能寺の変で織田信長が殺されたとき、家康は堺から京都にもどるところであった。

 途中、飯盛山のふもとを通過するあたりで、京都の呉服商、茶屋四郎次郎清延が本能寺の変の第一報を知らせてきた。京都へもどるのは危険ということで、明智光秀方につかまらずに三河へもどるルートを選ばなければならず、伊賀から伊勢へ出て、舟で三河に無事帰還できたのである。そのため「神君伊賀越えの危難」といわれてきた。

 ところが、先日実際に自動車を使いながら飯盛山のふもと近くから伊勢の白子(しろこ)までのルートをたど…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1340文字)

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com