東芝問題リポート

ウェスチングハウスで東芝「1.5兆円損失」の“収支勘定”

編集部
  • 文字
  • 印刷
ウェスチングハウスが建設を進めていたボーグル原発=2016年5月、清水憲司撮影
ウェスチングハウスが建設を進めていたボーグル原発=2016年5月、清水憲司撮影

1カ月半遅れの有価証券報告書(5)

 東芝が8月10日に2017年3月期の有価証券報告書を提出したことで、決算数値が確定した。子会社だった米ウェスチングハウスが経営破綻したことによる損失は、結局どれくらいの規模になったのかを計算してみよう。

 東芝の17年3月期決算の最終(当期)損失は、製造業で史上最悪の9657億円だった。これだけの損失を出した主因はもちろん、ウェスチングハウスの破綻だ。

 有価証券報告書には、東芝が米電力会社2社に提供していた親会社保証に関連する損失や、ウェスチングハウ…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1685文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz