メディア万華鏡

スウィフトさんに詩織さん「泣き寝入りしない女たち」

山田道子・元サンデー毎日編集長
  • 文字
  • 印刷
スポニチに掲載された詩織さんのインタビュー記事
スポニチに掲載された詩織さんのインタビュー記事

 米国の超人気歌手、テイラー・スウィフトさん(27)が性的暴行を受けたとして男性ラジオDJを訴えていた民事裁判で、勝った。

 米国内では大ニュースだったが、日本の一般紙では読売新聞が8月15日夕刊で「スウィフトさん 『セクハラ勝訴』/米、賠償金は1ドル」、東京新聞が同16日夕刊で「スウィフトさん勝訴」と報じたぐらいで、残念だった。

 米メディアなどによると、発端は、2013年6月。コンサート前の写真撮影会でスウィフトさんが男性DJらと写真を撮った時、DJがスウィフトさんのスカートの中に手を入れてお尻を触ったという。スウィフトさんは泣き寝入りせず、ラジオ局に訴えたところ、DJは解雇された。DJが「事実ではないセクハラ行為で解雇された」としてスウィフトさんに損害賠償請求訴訟を起こしたのに対し、スウィフトさんはセクハラをされたとし…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1836文字)

山田道子

元サンデー毎日編集長

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞社入社。社会部、政治部、川崎支局長などを経て、2008年に総合週刊誌では日本で最も歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長、紙面審査委員。19年9月退社。