知ってトクするモバイルライフ

ギャラクシーノート8 発火事故乗り越え人気の予感

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
サムスン電子が発表した「ギャラクシーノート8」
サムスン電子が発表した「ギャラクシーノート8」

 韓国サムスン電子は米ニューヨークで8月23日(現地時間)、「ギャラクシーノート」の最新モデルとなる「ギャラクシーノート8」を発表した。海外では9月15日からの発売を予定。海外市場では最大の競合相手になるiPhoneの次期モデル発売に先駆けた格好だ。

 昨年海外で発売された「ギャラクシーノート7」は、バッテリーの設計ミスが原因で発火事故を起こし、大規模なリコールを余儀なくされた。最終的に販売は中止になり、サムスンは一時的にシェアが大きく低下した。

 その後、同社はスマホ製造の安全対策を大幅に強化。3月にはギャラクシーS8、S8プラスの2機種を発表…

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1594文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。