くらし保険選びの相談室

68歳専業主婦「新たな医療保険への加入」は必要か

岩城みずほ / ファイナンシャルプランナー

 専業主婦のA子さん(68)は、現在加入している生命保険の入院通院特約が年内でなくなります。入院した場合、個室の差額ベッド代などの負担が大きくなるのでは、と心配しています。

 最近も友人が入院して個室で療養し、「医療保険から入院給付金が支給されたので助かった」という話を聞いたばかりでした。入院1日目から給付金が支給され、先進医療を受けた場合もカバーされる「よい保険」に加入したいと考えていました。

 しかし、「公的保障はかなり手厚いので、貯蓄をしておけば、医療保険に入る必要はほとんどない」と書いてある筆者の本を読み、本当なのかと相談に来ました。

入院給付金の「期待値」はどれくらい?

 A子さんは現在、ご主人と2人で年金暮らしです。生活費はほぼ年金で賄えているため、約7700万円ある資産を取り崩す必要もありません。今後の大きな支出の予定は、息子が結婚するときの援助と、数回予定している海外旅行の費用でした。

 貯蓄が十分にあるA子さんが、新たに医療保険に入る必要はあるのでしょうか。結論から言うと、その必要はありません。医療保険から受け取れる入院給付金の期待値を考えてみれば明らかです。期待値は、掛け金に対して払い戻される見込みの金額で、確率の計算です。

 筆者が参加した保険の勉強会で示された資料を見てみます。資料は、「厚生労働省の患者調査(2014年)」と「総務省統計局の人口推計(14年10月1日時点)」のデータに基づき、作成者が独自の計算式で推計した「女性の1年あたりの入院率と1入院の平均日数」です。「年齢/1年あたりの入院率/1回の入院の平均日数」の順で表すと、以下のような結果でした。

 20代   9.6%   9.8日

 30代  11.7%  11.1日

 40代   5.8%  19.3日

 50代   7.6%  25.0日

 60代  11.9%  30.0日

 70代  21.3%  37.3日

 80代  34.6%  51.1日

 90代~ 47.5%  84.3日

 68歳のA子さんが現時点で保険料の安い「終身医療保険」(入院給付金1日1万円、1入院あたり60日まで支給)に加入すると、保険料は月9210円(年11万520円)でした。A子さんが上の資料の通り、入院平均日数の30日間入院すれば、30万円の給付金を受け取れます。

 しかし、60代女性の1年あたりの入院率は11.9%ですから、30万円を受け取る可能性は相当低いでしょう。期待値を計算すると3万5700円(入院率11.9%×入院日数30日×入院日額1万円)でした。期待値で見ると、年間保険料は11万520円ですから、8万円近くの赤字です。

医療費が高くなっても高額療養費制度でカバー

 仮にA子さんが病気で入院しても、余裕のある貯蓄を取り崩して対応できます。健康保険による診療なら、医療費が高額になっても、「高額療養費制度」でカバーできます。

 高額療養費制度は、医療費の家計負担が重くならないよう、1カ月の医療費が上限額を超えた場合、超えた額を申請者が加入する健康保険組合などが支給します。月100万円の医療費がかかっても、70歳未満で現役なみの所得(所得区分年収約370万~770万円の人)であれば、自己負担は月額8万7430円です。

 治療が長引く場合は、直近12カ月に3回以上の高額療養費の支給を受けている場合(多数回該当者の場合)は、その月の負担の上限が4万4400円に下がります(2018年7月診療分まで)。

 このように公的保障には手厚い制度があります。十分な貯蓄がある場合は、「病気になったときのために」といった目的ごとにお金の使い道を分ける必要はないのです。貯蓄しているお金は、何にでも使うことができます。

先進医療を受けられる病院は限られる

 医療保険に入る目的として、「がんになったら先進医療を受けたい」という人がいます。A子さんも同じでした。先進医療は保険外診療で、治療費も高額です。ただ全ての人に万能というわけではありません。受けられる病院も限られます。

 先進医療で特に高額なのは陽子線、重粒子線治療ですが、他の治療はそれほど高額ではなく、治療法の約3割は1回あたり10万円未満です。実施例も、国内で年間数千件です。

 多くの保険会社で、「先進医療特約」をがん保険や医療保険につけることができます。その月額保険料がおおむね100円と安いのは、使われる機会が多くないためです。

「安心」を得たいならしっかり貯蓄を

 一般的に新しい保険に入り直すと、前回加入時よりも年齢が上がるため保険料が上がります。保障内容を充実させるために多くの特約をつければ、さらに保険料は高くなります。

 仮に30歳の女性が入院給付金1日1万円、保険料が月1600円(1入院あたり60日まで支給)の比較的安い「終身医療保険」に入った場合、給付金を受け取る期待値が、払い込み保険料の総額を上回るのは90歳まで継続できたときで、約62万円上回るにすぎません。

 もしものときを心配して保険に加入するより、しっかり貯蓄をしましょう。生活費の半年~1年分の貯蓄があれば、医療保険に入る必要はありません。月額数千円で負担感の少ない保険料でも、長期契約で積み上がれば大きな金額になります。

 <「保険選びの相談室」は原則月2回掲載します>

経済プレミア・トップページはこちら

「支払い月9万円」高額保険料に悩む夫婦の見直し大作戦

保険商品に組み込まれた“時間差手数料“は法律違反?

4~6月の残業代急増で社会保険料がアップする理由

健康保険制度を知れば民間医療保険が不要に見える

岩城みずほ

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…