孔子は働く人の水先案内人

俳優・勝新太郎と幕臣・小栗上野介の“私心ない生き方”

羽深成樹・前内閣府審議官
  • 文字
  • 印刷

 孔子の弟子の子路は、荒くれ者だが、孔子に可愛がられてもいた。「お前のように、素手で虎に向かい、舟なしで河を渡るような者とは行動をともにしない」と叱られるかと思えば、「粗末な服を着て、立派な毛皮を着た人と並んでいても恥じないのは子路だけだ」と質実剛健ぶりをほめられることもある。現代風にいえば、ヤクザっぽい人とでも言おうか。

 知人にヤクザっぽい人がいたので、「○○さん、ヤクザみたいですね」といったら「ヤクザの意味を知って言…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1709文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

羽深成樹

前内閣府審議官

1958年千葉県生まれ。81年東大法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。大蔵省主計局主査、防衛省大臣官房審議官、首相秘書官、財務省主計局次長、内閣府政策統括官などを経て、内閣府審議官。2017年7月退任。著書に「論語と『やせ我慢』」(PHP研究所)。