「ピザゲート事件」の舞台となったピザ店「コメット・ピンポン」=2017年7月21日、清水憲司撮影
「ピザゲート事件」の舞台となったピザ店「コメット・ピンポン」=2017年7月21日、清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

偽ニュースが起こした米国「ピザゲート事件」の“狂気”

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

 昨年の米大統領選をきっかけに爆発的に拡散した「フェイクニュース」が米国社会を揺らしている。昨年12月にはフェイクニュースを信じた男が、ピザ店で発砲する事件まで起こした。逮捕され、有罪判決を受けた男の故郷を訪ねると、犯罪とは縁のなさそうな人物像が浮かび上がってきた。

偽ニュースを信じた男がピザ店で発砲

 米大統領選がトランプ氏の勝利で決着した翌月の昨年12月4日。28歳の男が自宅のある米南部ノースカロライナ州から約500キロ離れた首都ワシントンへと車を走らせていた。「私たちには自分を守れない人々を守る責務がある。いつの日か理解してほしい」。娘2人に宛てたビデオメッセージを撮影した後、男はワシントン市内のピザ店「コメット・ピンポン」に押し入り、ライフル銃を発砲した。

 幸いけが人はなかったが、フェイクニュースの拡散を象徴する「ピザゲート事件」として全米を驚かせた。男…

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文2080文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
dポイントの会員数6500万人に

ドコモ「dポイント」リニューアルで利用者拡大戦略

 NTTドコモが自社のポイントサービス「dポイント」の仕組みをリニューアルする。ドコモの回線と結びついたプログラムから、単体で使え…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ティラナ市内の商業地区。四半世紀前まで鎖国していたとは思えないおしゃれな雰囲気(写真は筆者撮影)

藻谷氏が見たアルバニア 米国的消費社会化に突っ走る

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(10) アルバニア。大阪の会社が日本で売るホワイトニングクリームとは無縁の、欧州で最も知られざる国…

メディア万華鏡
辞任を表明し、記者団の質問に答える財務省の福田淳一事務次官=2018年4月18日、渡部直樹撮影

財務省と大相撲に共通する「女性蔑視と差別」の意識

 平成も終わろうとしているのに、いまだにこんなことが、とショックを受けた。財務省の福田淳一事務次官が取材中の女性記者に「胸触ってい…

職場のトラブルどう防ぐ?

「社員が裁判員に」仕事の忙しさは辞退の理由になるか

 A男さん(48)は社員数50人の中小企業経営者です。ある日、入社5年目のB輔さん(30)から「裁判員に選ばれたので数日休みたい」…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…