「定年後」は間違いなくやってくる

人は60歳で定年を迎えた後に「ひとりぼっち」になる

編集部
  • 文字
  • 印刷
ベストセラーとなった「定年後」の筆者・楠木新さん
ベストセラーとなった「定年後」の筆者・楠木新さん

「定年後」筆者・楠木新さんに聞く(1)

 60歳で会社を退職した後、人はどう過ごすのか。人生後半に輝くために、今どう生きるべきかを世に問うた「定年後」(中公新書)が発行部数21万部の大ベストセラーになっている。筆者の楠木新さん(63)に「定年」について聞いた。【聞き手、経済プレミア編集長・今沢真】

 --「定年後」はなぜこれほど読まれているんでしょうか。

 ◆楠木新さん 定年後に漠然とした不安や関心を持っている人が多いのではないかと思ってこの本を書いたの…

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2307文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz