キャリアを築くヒント

現場に「未練」があるなら燃やし尽くして次のステップへ

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 サッカー日本代表がワールドカップ・ロシア大会の出場を決めました。8月31日のアジア予選・豪州戦では若手選手が2得点し、これまで日本チームをけん引してきた本田圭佑選手や香川真司選手は出番がありませんでした。世代交代の時期かもしれません。

 世代交代は会社でもよくあることです。自分が社内で中堅と呼ばれるようになるころ、まだ一人では何もできないと思っていた若手社員が知識や人脈を蓄え、大きな仕事をやってのけてしまうことがあります。そうした時、自身の存在価値を疑いたくなるようなこともありました。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1666文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。