知ってトクするモバイルライフ

楽天モバイルが始めた「チョイ安iPhone」の使い勝手

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 これまでは大手通信事業者しか販売してこなかったiPhoneだが、「格安スマホ」などと呼ばれるMVNOの中にも、徐々に取り扱う会社が増えている。

 楽天が運営する、MVNOシェア第3位の楽天モバイルもその1社だ。同社は9月1日から、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEの3機種を販売している。ただし、これは「認定整備済」のiPhone。大手通信事業者やアップルストアで買える新品のiPhoneとは異なる点には注意が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文1969文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。