くらし保険選びの相談室

「貯蓄少ない母子」医療保険に年12万円の本末転倒

岩城みずほ / ファイナンシャルプランナー

 会社員のA子さん(32)はシングルマザーです。手取り年収は約380万円で2歳の子供がおり、貯蓄は多いとはいえません。万が一入院した場合に全額自己負担となる「差額ベッド代」のことを考え、A子さん自身だけでなく子供も医療保険に加入しています。保険料は親子2人で年12万6144円(月1万512円)。A子さんが終身医療保険と定期がん保険、子供が終身医療保険です。

 「貯蓄がほとんどない状態で病気になったことを考えると心配だ」というA子さんの気持ちはわかります。た…

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1860文字)

岩城みずほ

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。