保険選びの相談室

「貯蓄少ない母子」医療保険に年12万円の本末転倒

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 会社員のA子さん(32)はシングルマザーです。手取り年収は約380万円で2歳の子供がおり、貯蓄は多いとはいえません。万が一入院した場合に全額自己負担となる「差額ベッド代」のことを考え、A子さん自身だけでなく子供も医療保険に加入しています。保険料は親子2人で年12万6144円(月1万512円)。A子さんが終身医療保険と定期がん保険、子供が終身医療保険です。

 「貯蓄がほとんどない状態で病気になったことを考えると心配だ」というA子さんの気持ちはわかります。ただ医療に関する公的保障はかなり手厚いので、生活費の半年から1年分くらいを貯蓄していれば、医療保険に入る必要はほとんどありません(前回参照)。

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1860文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。