パチスロ最大手「大騒動」

「会社を取り戻す!」追放されたパチスロ前会長が“気炎”

編集部
  • 文字
  • 印刷
パチスロ機メーカー最大手、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生・前会長=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年9月14日
パチスロ機メーカー最大手、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生・前会長=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年9月14日

 パチスロ機メーカー最大手、ユニバーサルエンターテインメント(ジャスダック上場)の岡田和生・前会長(74)が、同社により設置された特別調査委員会(委員長、政木道夫・元東京地検検事)の報告書で「22億円の会社資金を不正に流用した」と認定された問題で、岡田氏が14日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。岡田氏は「私は会社の損失になることは一切していない。不正というのはこじつけだ」と真っ向から否定した。

 この問題のポイントは二つある。一つは特別調査委が認定した不正な資金流用問題。もう一つは、ユニバーサル社が6月末に開いた定時株主総会で、岡田氏を取締役に再任せず、事実上、“追放”したことだ。

 1点目の不正資金流用については、特別調査委が3件の疑惑について調査。いずれも岡田氏が主導し、側近の前取締役らに指示して不正行為を行い、少なくとも22億円の損害を会社に与えたと認定した。流用した資金は、美術品の購入など岡田氏の個人的な使途が目的であり、同氏が独断で行ったことは重大な内部手続き違反だと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1665文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz