孔子は働く人の水先案内人

「熱血漢やカタブツを敬遠するな」が孔子の教え

羽深成樹・前内閣府審議官
  • 文字
  • 印刷

 日常の振る舞いについて、孔子が指摘するのは、ひと言でいえば、「ことばより行動」ということである。会議などで、「こうすべきだ」、「ああした方がよい」と発言しておいて、いざ、誰がやるかとなると、途端に尻込みしたり、他人に押し付けようとしたりする人がいる。しかし、やるべきことがあれば、まず、自分から行動する。それが周囲から信頼される第一歩である。

 「自分の非には厳しくし、他人の非には甘くしていれば、人から恨まれない」。何かトラブルが起きた時、つ…

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1644文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

羽深成樹

前内閣府審議官

1958年千葉県生まれ。81年東大法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。大蔵省主計局主査、防衛省大臣官房審議官、首相秘書官、財務省主計局次長、内閣府政策統括官などを経て、内閣府審議官。2017年7月退任。著書に「論語と『やせ我慢』」(PHP研究所)。