パチスロ最大手「大騒動」

「全員、罷免だ」パチスロ創業者会長が取締役会で叫んだ

編集部
  • 文字
  • 印刷
ユニバーサルエンターテインメントのオーナー創業者で、会長として実権を握っていた岡田和生氏(右手前)=2017年9月14日撮影
ユニバーサルエンターテインメントのオーナー創業者で、会長として実権を握っていた岡田和生氏(右手前)=2017年9月14日撮影

 パチスロ機メーカー、ユニバーサルエンターテインメント(ジャスダック上場)が5月23日に開いた臨時取締役会で、会長だった岡田和生氏(74)は、同社の株式10%を新たに引き受ける権利「ストックオプション」(新株予約権)=注=を、自分に与えるよう提案した。複数の同社幹部の証言と、経済プレミア編集部が入手した臨時取締役会の詳細な記録に基づき、「追放劇の裏側」の2回目をお届けする。

 午後2時から始まった臨時取締役会は、冒頭から岡田氏の“独演会”が続いていた。岡田氏は、香港に設立した同族企業の実権を長男らに奪われた経過を長々と説明し、「どう対抗するかが今日の話だ」と周囲を見渡した。「極めて乱暴だが、乱暴でないと解決しない。私が筆頭株主になる」と述べ、ストックオプションの制度を利用して、ユニバーサル社の株式10%分を取得する権利を、自分に与えるよう要求した。

 10%分は、株数で約800万株にあたる。その株式を新たに取得すると、岡田氏はなぜ“筆頭株主”になるのか。長男らが実権を握った同族企業は、ユニバーサル社の株式の67%、5445万株を保有していて、10%ではその7分の1にしかならないはずなのになぜなのか。そのカラクリを説明する。

この記事は有料記事です。

残り2171文字(全文2688文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz