パチスロ最大手「大騒動」

パチスロ創業者が「賛成4、棄権1」で“追放”された日

編集部
  • 文字
  • 印刷
パチスロ機メーカー、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生前会長(右)。左は代理人の中山達樹弁護士=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年9月14日撮影
パチスロ機メーカー、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生前会長(右)。左は代理人の中山達樹弁護士=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年9月14日撮影

創業者会長「追放劇」の裏側(3)

 パチスロ機メーカー、ユニバーサルエンターテインメント(ジャスダック上場)が5月23日に開いた臨時取締役会。会長だった岡田和生氏(74)は、同社の筆頭株主である同族企業の実権を長男らに奪われた対抗策として、同社の株式10%分を新たに取得する権利「ストックオプション」(新株予約権)を与えるよう提案し、富士本淳社長らの反対で否決された。

 臨時取締役会はこの後1時間ほど続き、岡田氏は会長の業務執行権限を停止された。オーナー創業者として君…

この記事は有料記事です。

残り2279文字(全文2512文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz