スキル・キャリアミスを見逃さない校閲の技術

新聞がかぎかっこ内の文末に句点をつけない理由

毎日新聞校閲グループ

 教科書では、かぎかっこ(「 」)の中でも文の終わりに当たるところには句点(。)を打っているのに、新聞で句点をつけていないのはなぜか、というお尋ねをいただいたことがあります。

 確かに、行政の公用文や教科書などは、かぎかっこの中でも文の終止に句点を打つのが標準とされています。これは、1946年3月に当時の文部省教科書局調査課国語調査室が作成した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」に準拠したものです。

 「案」のまま、内閣告示のような正式文書にはなりませんでしたが、これ以外に句読点に関する公式機関の文…

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1727文字)

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞は東京に40人余り、大阪に30人余りの校閲記者がいる。原則として広告などを除く全紙面について記事のチェックをしており、いわば新聞の「品質管理部門」。書籍などと比べてかなり短時間で仕事をこなさなければならないのがつらいところ。朝刊の校閲作業は深夜になるため生活は「夜型」である。