ベストセラーとなっている「定年後」の著者、楠木新さん
ベストセラーとなっている「定年後」の著者、楠木新さん

スキル・キャリア「定年後」は間違いなくやってくる

「定年後」著者・楠木さんは47歳で出社できなくなった

編集部

「定年後」筆者・楠木新さんに聞く(5)

 ベストセラー「定年後」(中公新書)の筆者、楠木新さん(63)は「会社組織と働く人との関係」を軸とした本を何冊も出版してきた。その原点は、47歳にうつ状態になり、勤めていた生命保険会社を休職したことにあった。「楠木新さんに聞く」、ここからは、本人の経験を中心に伺う。【聞き手、経済プレミア編集長・今沢真】

 --楠木さんが「定年後」をはじめ、組織と人の関わりを深く考えるようになったのは、会社を休職したご自…

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2088文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
 

消費者金融の「無人店舗」新設が目立つ意味合いは?

 消費者ローン市場で微妙な変化が表れ始めている。銀行のカードローン融資残高が少しずつ減少する一方で、消費者金融など貸金業者のローン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…