キャリアセンター ここだけの話!?

学生をインターンに送り出す大学側も苦労は絶えず

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 この夏、多くの企業にインターンシップでうちの学生を受け入れてもらった。

 インターンシップは表向き採用・選考につながるものではない。とはいえ実態は、企業の採用担当はしっかり学生を見ている。例えばインターンシップで積極性が足りなかったり、礼儀が不十分であったりすれば、学生に対する採用担当者の評価は厳しくなる。

 公募型インターンシップの場合は、学生の判断でその企業のインターンシップにいくわけだから、そこでうまく対応できなかった学生は、厳しいようだが自己責任だ。人事担当者に「うちの会社にはこういう学生は要らない」と判断されてしまったら、それはそれで仕方がない。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1343文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。