ミスを見逃さない校閲の技術

校閲記者の本音の話「間違いはこうやって見つける」

編集部
  • 文字
  • 印刷
毎日ホールで開かれた「校閲記者トークイベント」(9月25日)
毎日ホールで開かれた「校閲記者トークイベント」(9月25日)

 校閲記者は普段どのようなことに気をつけて、記事の間違いをチェックしているのでしょうか。

 さまざまな過去の間違いの修正などを解説し、校閲記者の仕事の極意を収めた「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(毎日新聞出版)の出版を記念して、9月25日、東京都千代田区の毎日新聞社「毎日ホール」で、執筆にかかわった校閲記者が参加したトークイベントが開かれました。

 毎日新聞の校閲グループはインターネットで「毎日ことば 漢字クイズと日本語の話題」(http://w…

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2085文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz