スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

「約束と違う」事務職パートが入社直後に退職決意のワケ

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 A子さん(42)は職員数約20人の介護施設で、1カ月半ほど前に事務員としてパート勤務を始めました。しかし、すでに退職することを決めたそうです。A子さんに何があったのでしょうか。

自宅近くの職場でパート勤務を始めたものの……

 A子さんは、新卒入社した会社で経理事務職を10年以上務めました。結婚を機に専業主婦となり、子育てと近所に住む祖母の介護に追われました。昨年祖母をみとり、子育ても一段落したので仕事を探し始め、自宅から自転車で通える今の職場の事務職募集を見つけて応募しました。

 応募するとすぐに所長と面接となり、これまでの経歴や祖母の介護の様子などを聞かれました。定時は午後5…

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1971文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/