キャリアを築くヒント

「妄信する上司の不正指示」従った部下たちの末路

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 「この人の言うことは必ず正しい、間違いはない」などと特定の人を妄信することは危険です。こうした人間関係ができあがると、冷静に考えれば防げるような悪事が起こってしまうことがあります。上からの命令や指示がどんなに荒唐無稽(むけい)でも、受ける側はそれに何らかの大義を見いだし実行してしまうおそれがあるのです。

 妄信に基づく人間関係は、普通の会社内でも起こり得ます。特に若手が職場で憧れる上司や先輩に寄せる信頼…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1503文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。