自動車不正リポート

「やっちゃえ日産」やっちゃった新車の“無資格検査”

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で謝罪する日産自動車の浜口貞行 グローバルコミュニケーション本部ジャパンコミュニケーション部長(右)と杠(ゆずりは)直樹 企画・監理部エキスパートリーダー=2017年9月29日、石山絵歩撮影
記者会見で謝罪する日産自動車の浜口貞行 グローバルコミュニケーション本部ジャパンコミュニケーション部長(右)と杠(ゆずりは)直樹 企画・監理部エキスパートリーダー=2017年9月29日、石山絵歩撮影

 自動車業界でまた不祥事が発覚した。日産自動車は9月29日、納車前の新車約6万台の販売を一時停止したと発表した。国内の日産グループ全6工場で製造した21車種で、完成検査の一部を、正規の検査員以外が実施していたというのだ。

 昨年、三菱自動車の燃費データ不正が発覚した。当時のゴーン社長(現会長)の“鶴の一声”で日産が三菱を傘下に入れたことは記憶に新しい。今度はその日産で無資格検査が発覚した。詳しく報告する。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1669文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz