思い邪なし

思い邪なし2 誓いの血判状(二)

北康利・作家
  • 文字
  • 印刷

序章 はじめにまず“思い”ありき

誓いの血判状(二)

 稲盛がこの後、わが国を代表する経営者になることなど、残りの七人はもちろん、本人も想像すらしていない。

 そもそも彼は経営の“素人”だった。だが赤々と胸に燃える情熱だけは、誰にも負けないものを持っていた。

 これまでの稲盛はけっして順調な人生を送ってきたわけではない。いやむしろツキに見放されていたと言ってもいいだろう。

 旧制中学の受験に二度失敗し、大学受験にも失敗。就職する際も希望していた会社に次々と断られ、いっその…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1262文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。