パチスロ最大手「大騒動」

岡田氏の不正疑惑に株主「徹底調査せよ」「円満解決を」

編集部
  • 文字
  • 印刷
6月29日、東京・台場のホテルで開かれたユニバーサルエンターテインメントの定時株主総会
6月29日、東京・台場のホテルで開かれたユニバーサルエンターテインメントの定時株主総会

 パチスロ機メーカー最大手、ユニバーサルエンターテインメントの定時株主総会が6月29日、東京・台場のホテルで開かれた。出席した株主の関心は、オーナー創業者で会長だった岡田和生氏(75)の去就、それに岡田氏と取締役1人が関わったとされる香港子会社をめぐる約20億円の不正疑惑だった。

 富士本淳社長が業務報告を行い、岡田会長を“解任”する取締役選任議案を総会に上程し、質疑に移った。質問した株主は17人。このうち半分以上が岡田氏に関わる質問だった。

 ある株主は岡田氏と取締役が不正疑惑を調査している特別調査委員会の事情聴取に応じているかを尋ねた。富士本社長は、「取締役は反省し、前向きに協力していると聞いている。関係者全員の聴取が終わった後で岡田氏からも聴取する方針だと聞いている」と答えた。岡田氏からの事情聴取はその時点では行われていないことがうかがわれた。

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1899文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz