この酒場この一品

“目でも酔える”繊細な細工ずしで極上の一杯を!

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
「菊」(左)と「牡丹」(右)(各1000円税別、以下同)の花をかたどった細工ずし
「菊」(左)と「牡丹」(右)(各1000円税別、以下同)の花をかたどった細工ずし

東京・荒川「寿司処 江戸翔」

 カウンター席に座り、好みのすしを握ってもらう。あるいは、おまかせで頼み、店主のお勧めに乗ってすしを楽しむ。もちろん、そこでは相性のよい酒が欠かせない。飲んべえにとって、すし店はまぎれもなく立派な酒場である。

 すし職人の“仕事”は実に幅広い。握りずしだけでなく、はし休め的な細巻きずしを作ったり、酒のさかなとなる一品一品も大切だ。さらに、すし職人の技術を生かした伝統的な仕事もある。その一つが「細工ずし」だ。

 東京・荒川の「寿司処 江戸翔」(東京都荒川区荒川、都電荒川線「荒川区役所前」駅徒歩3分)は、古いす…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1613文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。