ベストセラーを歩く

勉強を深めて“バカ”に変身するガイド本「勉強の哲学」

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷

 何のために勉強をするのか。これは多くの人が自問することではないだろうか。めざす学校に合格するためとか、ある資格を取るためというのなら、わかりやすい。

 しかし、そんな事情がない人も勉強する。なぜなら、勉強することには他では味わえない楽しさや快さがあるからではないか。社会人相手の講座や講演の盛況はそれを物語っているのだろう。

 あるいは何のために教養を身につけるのかという問いに置きかえてもいい。そこには教養を持つことによる弾むような心の高揚があるからではないだろうか。その気持ちの高まりとは一体、何なのか。

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1630文字)

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。