スキル・キャリアキャリアを築くヒント

都合の悪い話をして顧客の信頼を得たリーダーの狙い

細川義洋 / ITコンサルタント

 顧客に都合の悪い要求をするのは難しいことです。私が携わっていたITシステムの開発では、システムの仕様や開発スケジュールが決まり、開発作業が始まってから大幅な仕様変更が発生し、プロジェクト自体が失敗するケースもありました。

 こうした場合、仕様変更について発注側と開発側の双方で合意を得るのが通常です。ただ開発側は、変更に伴う開発スケジュールの延期など発注側にとって都合の悪い要求をしづらいことがあります。それが結果的にプロジェクト失敗につながったりするのです。

 しかし私の知る会社では、顧客に都合の悪い話を事前にしたことでプロジェクトを成功させた例があります。

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1870文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。