キャリアセンター ここだけの話!?

「内定式で夜までパーティー」学生しばるヤリすぎ企業

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 10月上旬の内定式の状況がさらに詳しくわかってきた。内定者が私たち大学の就活支援の部署に来て報告してくれるからだ。

 ある企業ではグループ会社全体で内定式を実施し、グループの総帥(そうすい)とも言うべきオーナー経営者が訓示を行ったという。

 また、別の企業では、総合職と一般職を別々の会場に分けて行ったそうだ。採用人数が多い大企業なので、一つの会場に集めることが難しかったようだが、入社前の内定式の段階から「総合職」と「一般職」とでは一線を画して対応するという、その企業のカラーが出ているようだ。

 内定式に合わせて、所属部署の希望を出させた企業もあったらしい。それを受けて個別面談を行い、配属を決めるのだという。

 事前の内定者懇談会には出席していた他大学の学生が、内定式には姿を見せなかった事例もあったそうだ。「おそらく内定を辞退して、本命の企業の内定式に参加したのだと思う」と、その会社の内定式に参加したうちの学生が話していた。

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1152文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。