思い邪なし

思い邪なし10 平成の“経営の神様”(二)

北康利・作家
  • 文字
  • 印刷

序章 はじめにまず“思い”ありき

平成の“経営の神様”(二)

 カリスマ経営者としての名声をほしいままにしはじめた稲盛から経営の極意を学ぼうと、若手経営者たちによって盛和塾という勉強会が立ち上がり、現在では会員数一万一千人を超え、日本国内はもとより世界を含む九十六の支部で勉強会が行われている。

 --富士山は西からでも東からでも登れる

 というのは、稲盛が敬愛してやまなかった松下幸之助の言葉だが、稲盛の手法だけが成功に至る道ではなかろ…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1216文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。