キャリアセンター ここだけの話!?

インターンで評価された3年生は就活「特急券」ゲット

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 3年生(2019年卒業予定者)が就活支援部門に相談に来るケースが増えてきた。その中で、早めに就活に取り組んできた学生と、最近始めたばかりの学生との差は大きい。私たち大学職員も日々戸惑いながら対応している。

 3年生になってすぐ就活をスタートさせた学生は、業界研究、企業研究、職種研究、自己分析など、一通り手を付けている。また、自分なりの「就活ノート」を作って、いろいろなことを書き出している。何よりも、早めに動き出した学生は、この夏のインターンシップに参加したという強みがある。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1150文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。