キャリアセンター ここだけの話!?

インターンで評価された3年生は就活「特急券」ゲット

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 3年生(2019年卒業予定者)が就活支援部門に相談に来るケースが増えてきた。その中で、早めに就活に取り組んできた学生と、最近始めたばかりの学生との差は大きい。私たち大学職員も日々戸惑いながら対応している。

 3年生になってすぐ就活をスタートさせた学生は、業界研究、企業研究、職種研究、自己分析など、一通り手を付けている。また、自分なりの「就活ノート」を作って、いろいろなことを書き出している。何よりも、早めに動き出した学生は、この夏のインターンシップに参加したという強みがある。

 インターンシップは、ワンデーでも長期間でもかまわない。実際に企業の人たちに会い、企業がどのような人材を求めているか、また、採用・選考の場ではどのような点についてチェックしているか、そういう点について直接話を聞いていることが学生の強みになっている。

 加えて、3年生の夏のインターンシップを実質的な採用・選考の場として活用している企業があり、その場で高い評価を得た学生は、その後の選考で「特別扱い」を受けることがある。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1150文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。