キャリアを築くヒント

「日記帳で自分の弱点克服」ある営業マンの実践

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 ビジネスマンが自分の強みや弱みを知る上で大切なのが、自分の行動記録をつけることです。簡単なメモでかまいません。たまった記録を分析して、自身の行動の傾向を知ることが有効です。

 私がIT企業で営業職を務めていたころ、優秀な先輩営業マンが行動記録を実践していました。B5サイズの日記帳に簡単な自分の営業日誌をつけていたのです。日記帳を見せてもらうと、営業で訪問した顧客とその時の様子や商談の成否、自身の反省点などが書き込まれていました。

 「□□社の○○さんを訪問。新製品を紹介したが退屈そうだった。時期尚早か?」「初対面の△△さんが同じ…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1627文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。