思い邪なし

思い邪なし16 祖父七郎と父畩市(二)

北康利・作家
  • 文字
  • 印刷

第一章 勝ちに見放されたガキ大将

祖父七郎と父畩市(二)

 西郷隆盛が生まれた加治屋町は、稲盛の生まれた薬師町から南西にわずか一・五キロほどの距離にある。

 加治屋町からは西郷の弟である従道(海軍大臣、内務大臣)と従弟の大山巌(陸軍大臣)のほか、東郷平八郎(海軍元帥)、山本権兵衛(首相)、吉井友実(ともざね)(枢密顧問官)、黒木為●(ためもと、●は木ヘンに貞)(陸軍大将)、伊地知正治(宮中顧問官)、村田新八、篠原国幹(くにもと)(ともに西郷の側近)、井上良馨(よしか)(海軍大将)といった綺羅星(きらぼし)の如き人材を輩出した。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1275文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。