東芝問題リポート

発覚2年で東芝社長「不正会計」発言の“いまさら感”

編集部
  • 文字
  • 印刷
幕張メッセ(千葉市美浜区)で行われた東芝の臨時株主総会=2017年10月24日撮影
幕張メッセ(千葉市美浜区)で行われた東芝の臨時株主総会=2017年10月24日撮影

今年3回目の株主総会(2)

 2015年春に不正会計が発覚してから、東芝は定時、臨時合わせて株主総会を6度開いた。その6度目となった10月24日の臨時株主総会で、過去5度の総会ではなかったことが起きた。それは、綱川智・東芝社長ら経営陣が「不正会計」という言葉を初めて使ったことだ。これまでの5度の株主総会では、ずっと「不適切会計」と表現していた。今になって言い方を変えたのはなぜなのか。

 東芝は、15年春に不正会計の疑いが発覚した。同年7月に第三者委員会が意図的な利益水増しを認定したが…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2267文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz