知ってトクするモバイルライフ

いち早く試したiPhone Xはワクワク感あふれる端末

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
iPhone X。スマホの未来を見据えて開発
iPhone X。スマホの未来を見据えて開発

 アップルのティム・クック最高経営責任者自らが「これからの10年を反映する製品」と語ったiPhone X(テン)が、11月3日に発売される。発売に先立ち、短い期間ではあるが、本製品を実際に使ってみることができた。そのファースト・インプレッションをいち早くお届けする。

 iPhone Xが、これまでのiPhoneと大きく違うのはディスプレーだ。自発光の有機ELを採用し、100万対1とコントラスト比が非常に大きくなった。映像の色がクッキリと鮮やかに見えるのは、このディスプレーの効果だ。

 それ以上に印象的なのが、前面のデザインが大きく変化したこと。ほぼ全体がディスプレーといえるほどに、…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2116文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。