自動車不正リポート

「長引いた生産停止」日産の業績にどこまで影響するか

編集部
  • 文字
  • 印刷
完成検査工程の立ち入り調査のため日産自動車九州に入る国交省担当者=2017年11月1日、上入来尚撮影
完成検査工程の立ち入り調査のため日産自動車九州に入る国交省担当者=2017年11月1日、上入来尚撮影

 無資格の従業員が車の完成検査を行っていた問題で国内全6工場の国内向け生産・出荷を停止していた日産自動車は、11月7日から順次、生産・出荷を再開すると発表した。10月19日に生産・出荷停止を発表してから、停止された期間は20日前後になる。業績にはどれほど影響するのか。この間の動きを報告する。

 10月19日の記者会見で、西川広人・日産社長は問題発覚後も不正な検査が続いていたことを明らかにし、無資格検査が二度と行われない体制づくりをすると表明し、時間的なメドについて「2週間程度かけてやろうと思っている。あまり急がせたくない」と発言していた。

 西川氏の記者会見から12日後の同31日、日産はニュースリリースを出し、国内工場のうち、まず日産自動…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1698文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz