キャリアセンター ここだけの話!?

水面下で“先行面接”が行われる就活掟破りの実態

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 「『だまし面接』が蔓延(まんえん)する、就活現場の裏表」--。今月初め、こんなタイトルの記事がウェブに掲載され、大学の就活支援担当者の間で話題になっている。かなり刺激的な内容である。

 「だまし面接」とは何か。東洋経済オンラインのこの記事では「本当は選考面接なのに『面接』と言わずに学生を呼び出す行為」を指す言葉なのだそうだ。具体的には「ES(エントリーシート)を拝見して、ぜひ会ってお話をする機会を設けたいのですが」と企業の採用担当者から働きかけを受けた、という「旧帝大クラス・文系」の就活生の例が紹介されている。

 「面接」と呼ばずに何と言うのか。多くの場合、「面談」なのだそうだ。OBやOGが会って話を聞くのは「OG・OB面談」、リクルーター(若手社員)が呼び出しをかけるのは「リクルーター面談」。それ以外にも、「若手社員との座談会」や「会社見学」などの名目で声をかけ、就活生が行ってみると、実際には集団面接や個人面接だったという例も少なくないようだ。

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1444文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。