思いを伝える技術

相手の「わかったつもり」をなくす有効な方法とは

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 伝えたつもりが伝わっていない。伝えたことがほんとうに理解されているのか不安になる。仕事の中でこんなことはないでしょうか。相手との約束、確認事項など重要な事柄について、こうした問題は悩ましいものです。

 医療の世界では、インフォームド・コンセントという概念が重視されています。医師は患者にその病名や病状などを説明し、患者がそれを理解し、同意したうえで治療が行われることを意味します。時に生死にかかわる問題でもあるため、患者が理解し、納得したかは非常に重要です。

 真面目な医師ほどこの点に気を使いますが、ある若い医師が、患者に対して自分が説明したことがほんとうに…

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1671文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。